弥生会計16をインストールしました。

「弥生会計(やよいの青色申告)16」はもちろん消費税の10%の引き上げ延期の対応版です。
※「弥生会計(やよいの青色申告)15」をご利用のお客様はVer.21.2.1以降であるかをご確認いただき、以前の場合には速やかにアップデートしてください。(アップデート方法がご不明のお客様はご連絡ください。)

インストールディスクを入れると自動再生されます。
「yayoi16.exeの実行」をクリックします。

スタート画面

「弥生16シリーズインストールランチャー」が表示されます。
※ちなみに事務所の弥生会計は会計事務所用のAE版で検証していますが、「スタンダード」「プロフェッショナル」「ネットワーク」でも同じかと思います。違っていたらご連絡ください。

インストール

「弥生会計のインストール」をクリックします。

「弥生シリーズセットアップ」が表示されます

セットアップ

「インストール開始(S)」をクリックします。
インストールコンポーネントが揃っていない場合にはコンポーネントの新規インストールする必要があるので合わせてインストールします。
弥生会計15がインストールされているパソコンでは上記のように「ライセンス認証の管理」「郵便番号辞書」「弥生会計16」の3つをインストールすることになります。
※インストールに不安のあるお客様はご連絡ください。

成功

状態が「成功」になったら「完了(X)」ボタンが表示されるのでクリックします。

続いて「ライセンス認証」画面が表示されます。
「ライセンス認証を開始する」をクリックします。

yayoi5

yayoi6

yayoi7

「画面を閉じる」をクリックします。

デスクトップに弥生会計16のアイコンがありますのでダブルクリックで起動。

「過去バージョンデータのコンバート」画面が表示されます。

yayoi8

「はい」をクリックすると「データコンバータ」に進み、順次確認しながら「次へ」を何度かクリックするといつもの画面が表示されます。

yayoi9

yayoi10

基本的な取引処理については弥生会計15からまったく同じです。
間違い探しのようですが、15では「簡単取引入力(辞書)」のところ、16では「かんたん取引入力(辞書)」とひらがな化されたところを見つけました。

弥生会計15画面

yayoi11
その他内容バージョンアップについては追って見つけていきたいと思います。

ちなみに弥生会計16ファイルの拡張子は
データファイルが「.KD16」
バックアップファイルが「.KB16」となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加