旧バージョンより弥生会計16(青色申告16)へバージョンアップされた場合、「データコンバート」という作業が必要となります。
データコンバートをすると古いバージョンの弥生データファイルから弥生会計16の弥生データファイルを作ることとなります。
この作業を行っても古いバージョンのファイルは消えたり上書きされることなくそのまま残ります。

1.まずメニューの「ファイル(F)」より「開く(O)」をクリック
またはナビゲータの「事業所データ」より「データの選択」をクリック

「事業データの選択」の画面が開きます

弥生会計16データコンバート01

①コンバートするデータのバージョンをチェック(ここでは弥生会計15をチェックしています)

②「参照先の設定」をクリックしてデータのあるフォルダを設定します。
通常は
「ドキュメント」
「Yayoi」
「弥生会計XXデータフォルダ」
を順に選択します。
保存フォルダを変更している場合などは、ドライブを検索をして「弥生会計XXデータフォルダ」を探して指定してください。

③「データ種別(K)」で「事業所データ」が選択が選択され、「事業所データ」にファイルの一覧が表示されますので、コンバートするデータを選択してください。
バックアップファイルからコンバートする場合は「データ種別(K)」を「バックアップファイル」に変更してから選択してください。
新しいバージョンのファイルは古いファイルから作りますので、元となる古いファイルの指定を間違えるとそのまま引き継ぐこととなりますのでご注意ください。

④「データコンバートを行う(V)」にチェックがついていることを確認してください。

 

2.「過去バージョンデータのコンバート」の注意画面が開きますので「はい(Y)」をクリックしてください。

弥生会計16データコンバート02

3.「データコンバータ」「事業所データの変換」画面が開きますので「次へ(N)」をクリックしてください。

弥生会計16データコンバート03

4.「データの確認」画面が開きますのでデータの内容を確認のうえ「次へ(N)」をクリックしてください。

弥生会計16データコンバート04

5.「中間決算整理仕訳の設定」画面が開きますので中間決算を行う場合は上、通常は下の行わないを選択し「次へ(N)」をクリックしてください。

弥生会計16データコンバート05

6.「保存先の設定」画面が開きますので「保存場所」を確認のうえ、変更がない場合は「次へ(N)」をクリックしてください。

弥生会計16データコンバート06

 

7.「設定内容の確認」画面が開きますのでデータの内容を確認のうえ「開始」をクリックしてください。

弥生会計16データコンバート07

8.データコンバート中。

弥生会計16データコンバート08

9.完了するとこの画面となりますので「終了」をクリックしてください。

弥生会計16データコンバート09

 

京都市高城税理士事務所は弥生会計、やよいの青色申告のインストールから設定・操作相談まで無料でサポートいたします。